サイト内検索 
サルサが本当に好きな人のためのサルサダンス(ON2・ON1)情報サイト
  日本サルサ   韓国サルサ   海外サルサ   サルサ理解   サルサ活動   販売   HOME

 基本ステップ

 レッスン選び

 リードとフォロー

 手のグリップ

 他ダンスとサルサ

 サルサ服装

 サルサ常識

 サルサコラム

 サルサ分析

 東京サルサ

 ON2スタイル

 上達への知識

 ●全体目次
サルサ理解 > サルサ常識

下手な人と踊ると下手になる  サルサダンスの進化  キューバンサルサとは?  技が完成するプロセス 

サルサの技が完成するプロセス : サルサ常識

    女性はテンションの切れるリードを嫌がるにも関わらず、
    男性は技ばかり追求している人がまだまだ多い。
    ちょっとだけでも優しい技でテンションの効いた踊りをすれば、ナンパの成功率も高くなるのに。。
    女性の嫌がる顔の表情にも気づくことなく、自己満足している。
    本当に情けない。一人でマスターベージョンした方がいいんじゃないのって感じっすね。

    技は今の実力に無理なものはいくら頑張ってもできないものだ。
    今の実力で無理のないを練習しても、相手の女性が違和感を感じない位になるまでは、6ヶ月~一年はかかる。
    技が完成するプロセスを、料理を例えて説明してみる。

    1.料理本を観て、作りたい料理を作ってみた。でも、美味しいと言ってくれるのは彼女だけ。(なら、いいけど ^^)
     → youtubeで気に入った技をコピーする。実践で使ったら、殆んど失敗するし、相手はいやな顔をする。

    2.料理の上手い人に、自分の料理の間違っているところをチェックしてもらう。
     → サルサダンスが上手い人に、技の間違っているところを直してもらう。
      特に、日本人はこれが苦手、人に聞かないのだ。
      全ての技にはコツがある。だから、同じ技でも上手い人は無理なく技を女性にかける。
      リードされる女性の気持ちも全然違う。
      上手い人に聞かない限り、気づかないものは一生気づかない。
      
    3.何回も作って見て、自分で食べて見る。人に食べてもらえるレベルになるまで。
     → イメージトレーニングする。相手なしで、練習する。
      実は、この練習が一番大事だ。数百回は練習した方がいい。
      完成していない技を相手を使って練習することは本当によくない。
      相手は技の荒さで手を傷めるし、自分も無理やりリードするから姿勢が崩れる。

    4.人に食べてもらえるレベルになったら、人の好みに合わせた料理ができるようにする。
      辛いのが好きな人は辛く作ってあげたり。
     → 技の完成度が高まったら、身長・体重などが異なる相手でもテンションが切れないリードができるように更に頑張る

    5.誰が食べても美味しい。でも、他の人は作れない自分のスタイルの料理に変化させる。
     → 技の自分のスタイルに変形させる。
      上手いダンサーの同一技を見ると、共通するところもあれば異なる部分もある。
      自分のスタイルを作るのだ。ここにもう一つの究極のサルサ楽しみがある。
サルサの技が完成するプロセス : サルサ常識
お問合せ : salsa.style.com@gmail.com