サイト内検索 
サルサが本当に好きな人のためのサルサダンス(ON2・ON1)情報サイト
  日本サルサ   韓国サルサ   海外サルサ   サルサ理解   サルサ活動   販売   HOME

 基本ステップ

 レッスン選び

 リードとフォロー

 手のグリップ

 他ダンスとサルサ

 サルサ服装

 サルサ常識

 サルサコラム

 サルサ分析

 東京サルサ

 ON2スタイル

 上達への知識

 ●全体目次
サルサ理解 > リードとフォロー

やさしいリードとは何?  テンションというルール  上手くなるための練習プロセス 

サルサのやさしいリードは、安定した姿勢から成り立つ : リードとフォロー

    女性はやさしいリードを求めている。
    でも、やさしいリードを勘違いしている男性は意外と少なくない。
    優しくなるつもりだと思うけど、自分の体がやさしくなったらどうする!
    優しいリードと違う弱いリードにしかならない。
    姿勢が安定していると正確なリードができる。それが本当のやさしいリードでは?
    安定した姿勢になるためにはどうすればいいのか?

    ステップをやすまないことだ。
    1・2・3・5・6・7、全て音楽にあわせて踏む。
    ステップを休むケースは二つある。
    一つ目は手の動きで頭が精一杯で、足のコントロールまではできない。
    二つ目はその方が格好いいと思ってステップを踏まない場合。

    なぜ、ステップを全部踏まなくてはならないのか。
    サルサは二人で踊るペアーダンスだ。
    ペアーダンスは二人が同一のタイミングにステップを踏まないと
    テンションが崩れ、姿勢が崩れる。
    サルサはペアーダンスの中でも、最もテンションに敏感なダンスだ。
    ステップを踏みながら、テンションが一番安定する距離を常に取るのだ。
    男性がその距離が崩れると、次のリードが上手くつながらなくなる。
    例えば、距離の調節に失敗して近すぎると、
    男性はリードに必要な距離を取るために背中を後ろに反してからリードすることになってしまう。

    結論を言うと、ステップを全部踏む。
    踏みながら次のリードをしやすい場所へ移動し、
    更にテンションがもっと正確にとれる距離を微調整する。
    そうすると安定した姿勢でリードすることが可能となる。
    その上、今できる技を繰返して練習すると、テンションの感度は今より良くなり、
    相手はもっと気持ちよく感じるはず。

    音楽に合わないステップを踏む女性とは踊らないことも重要だ。
    そんな女性と踊ると、ステップのタイミングがずれてしまい、
    男性は姿勢を安定させるために、ステップを休むことになる。
    これは、サルサの上達にかなりの毒なのだ。
    可愛いからといってそんな女性とばかり踊ると、一生上手くなれない。
    どうしても踊りたいなら、メレンゲ、バチャーターだけにすれば。。
サルサのやさしいリードは、安定した姿勢から成り立つ : リードとフォロー
お問合せ : salsa.style.com@gmail.com