サイト内検索 
サルサが本当に好きな人のためのサルサダンス(ON2・ON1)情報サイト
  日本サルサ   韓国サルサ   海外サルサ   サルサ理解   サルサ活動   販売   HOME

 基本ステップ

 レッスン選び

 リードとフォロー

 手のグリップ

 他ダンスとサルサ

 サルサ服装

 サルサ常識

 サルサコラム

 サルサ分析

 東京サルサ

 ON2スタイル

 上達への知識

 ●全体目次
サルサ理解 > リードとフォロー

やさしいリードとは何?  テンションというルール  上手くなるための練習プロセス 

サルサダンスでのテンションというルール : リードとフォロー

    サルサの上手さの基準は何?
    ここで、まず忘れてはいけないのが、サルサは二人で手を組んで踊るものであることだ。
    二人以上の人が何かを行うことには、必ずルールというものが存在する。
    勿論、ルールは守るべきだし、サルサもルールを守って始めてお互いに楽しく踊れる。
    いくら格好よく踊っても、ルールを守らないと上手いと言えない。

    サルサの場合はテンションを切らさないのがルールの一つになるだろう。
    男性はテンションを切らさないリードをして、女性はテンションを切らさないフォローをすることだ。
    男性が完成度の低い技を使ってテンションが切れるのはルール違反だし、
    女性が自分のムーブメントのためにテンションを切らすのもルール違反だ。

    男性がテンションを維持する状態なら、リードの速度を速くしても女性は不安感を感じない。
    これがサルサの実力と言える。
    だが、速くリードする際にテンションが切れると女性を痛めることになるし、明らかにルール違反だ。
    サッカーだとレッドカードを出してもいいくらい。
    勿論、テンションの切れた弱いリードも良くない。
    特に、クラブレッスンが定着してしまった東京の男性は、技の練習をいきなりクラブで使うことが多い。
    完成していない技を使うから、相手に対しての配慮で弱いテンションでリードすると思う。

    このテンションというルールは、見えないが最大の問題だ。
    踊っている本人たちしか分からないのだ。
    分かるとしても、自分のルール違反は気づかないまま、相手のルール違反だけに気づくのが普通だ。
    自分が上手いと思っていて色んな技をかける男性には、意外とテンションの切れた強いリードの人が多い。
    女性の場合は、自分が上手いと思っている人に、テンションでフォローをするのではなく先読みしている人が多い。

    テンション以外のルール

1.ステップを休まないで、音楽にあわせて踏むこと

    ステップを休むのは、特に男性が多い。
    男性は技に嵌ってしまい、ステップのことを忘れることが多い。
    ステップを甘く踏むケースも多い。
    サルサは二人で踊るものだし、二人は同じタイミングにステップを踏まないと
    二人のバランスは崩れる。

2.先読みしないフォローする

    先読みは100%男性に問題がある。
    男性がテンションの切れたリードをする限り女性は、
    リードの意図が分からないため予測して動くしかない。
    そのリードが痛いときは、更に予測の集中力は高まる。
    その予測知識が蓄積され先読みが上手くなるのだ。
    それにもっと怖いのが、この先読みの癖は一生付いてしまうことも多い。

    これの解決は、女性が男性のリードのテンションに煩くなるしかない。
    あまりにもリードが荒い男性とは、絶対踊らないのが正解。

    ※ 何故か、東京のON2の女性は先読みの女性が多い。
    リードが上手い男性は、先読みを一番嫌がることを忘れないで。。

3.リードされる時にムーブメントはするな

    女性は綺麗に踊るためにムーブメントを入れるが、
    それでテンションに乱れが生じる。実は、これを男性は相当嫌がる。
    女性がテンションが切れる荒い技が一番いやなように、
    男性もテンションを切らすムーブメントが一番いやなのだ。

※ 技の複雑に感動する女性はいない

    技の複雑に感動する女性は一人もいない。
    男が好きなおばさんが我慢するだけなのだ。
    トップダンサの場合、周りの人を楽しめるため、相手の実力とは関係なく格好いい技を披露することが多い。
    でも、周りの視線がなく、相手が気に入った場合は、相手の実力に合わせた優しいリードをする。
サルサダンスでのテンションというルール : リードとフォロー
お問合せ : salsa.style.com@gmail.com