サイト内検索 
サルサが本当に好きな人のためのサルサダンス(ON2・ON1)情報サイト
  日本サルサ   韓国サルサ   海外サルサ   サルサ理解   サルサ活動   販売   HOME

 基本ステップ

 レッスン選び

 リードとフォロー

 手のグリップ

 他ダンスとサルサ

 サルサ服装

 サルサ常識

 サルサコラム

 サルサ分析

 東京サルサ

 ON2スタイル

 上達への知識

 ●全体目次
サルサ理解 > リードとフォロー

やさしいリードとは何?  テンションというルール  上手くなるための練習プロセス 

サルサが上手くなるための練習プロセス : リードとフォロー

1.目標がある

    まず、大きな目標がある。たとえば、目標の有名なダンサーがいたり。
    何年後には、そのダンサーのような実力になるとか。
    それを達成するための小さな目標を決める。
    その小さい目標を達成するために、今どんな練習をすればいいかが決まる。

2.基礎を大事にする

    水泳のクロールの場合に、手の動きが大きいのにあまり先に進まない人をたまに見かける。
    よく観ると、足の動きがほぼ止まっているか、ちゃんと動いていない。
    足の動きがいい人は、手の動きがそんなに激しくなくても、進みが速い。
    足だけの動きをもっと練習しないまま、クロールを泳ぎ続けると、
    足の動きは上手くならないし、永遠に泳ぎは速くならないだろう。

    サルサは、自分に無理のある技の練習をしてステップを崩すことは、基礎を台無しにすること。
    今の実力に無理のある技は練習しないように。

3.主にイメージトレーニングで練習する

    練習相手がいないから、上手くならいと言う男性がいるが、
    練習はイメージトレーニングが一番効果がある。
    ボクサーが全体の練習量にスパーリングは何割占めるだろう。多くても1割超えることはない。

    女性を練習台にして、技を覚えていくのは、やってはいけないことだ。
    順番は覚えるかもしれないが、女性が技を覚えて動くようになるし、男性も女性も悪い癖がつく。
    イメージトレーニングで全部覚えてから、チェックするためにだけ付き合ってもらおう。

4.今の自分の実力を客観的に評価する

    一年前と自分は、どこがどう上手くなっているのか、姿勢はよくなったのか、悪い癖はなくなったのか。
    今の自分が分かれば、対策も立てられる。
    自分の悪いところを修正し、上手くなるためには、どのダンサーを観て見習えばいいかなどが分かる。
    上手いダンサーの動画を常に見るのは大事。でも、今の実力に無理のある技を絶対練習しないこと。

    サルサの経歴が永い人で、ジャズスタイルとかキューバンスタイルがなかなかなくならない人が結構いる。
    自分を客観的に観ていないからだと思う。

5.下手な人とは踊らない

    サルサが頑張れる理由の一つは、可愛い子を楽しく躍らせるためだろう。
    でも、サルサの基本ができていない子は、相手の上手さを分かることもないし、踊っても得は何一つない。
    特に、自分は可愛いから、上手くなくてもサルサを踊ってもらえると思っている子は最悪。
    こんな下手な子と踊ると自分が下手になるだけ。

6.常に相手のことを考える

    サルサはペアダンスであるし、常に相手のことを考えるべき。
    技をかける時も、技自体が失敗しないように真剣になることよりも大事なのは、
    その技が相手にかけられるかが感覚的に判断できること。
    技をかけて、相手が予想以外の行動を出した場合は、力ずくで技を完成するより手を離しすマナーを持つ。

7.リードの上手い男性によって、テンションが初めて分かる。

    テンションは、テンションのあるリードとテンションのあるフォローとの組み合わせで成り立つ。
    まずリード側ができていないとフォロー側は何も成すすべがない。
    テンションに気づき上手くなるためには、女性よりはリードが分かる男性のダンサーに習った方がいいと言える。
    男性のダンサーに習ってテンションに気づき、女性のダンサーにチェックしてもらって完成度を高めていくのがベスト。
    これは女性の生徒も男性の生徒も同じく言える。
    女性のダンサーにだけ習った人で、テンションのいいリードとフォローはいい人はほぼいない。

※関連トピック : 下手な人と踊ると下手になる

サルサが上手くなるための練習プロセス : リードとフォロー
お問合せ : salsa.style.com@gmail.com