サイト内検索 
サルサが本当に好きな人のためのサルサダンス(ON2・ON1)情報サイト
  日本サルサ   韓国サルサ   海外サルサ   サルサ理解   サルサ活動   販売   HOME

 基本ステップ

 レッスン選び

 リードとフォロー

 手のグリップ

 他ダンスとサルサ

 サルサ服装

 サルサ常識

 サルサコラム

 サルサ分析

 東京サルサ

 ON2スタイル

 上達への知識

 ●全体目次
サルサ理解 > サルサコラム

サルサ界の食パンとケーキ  クラブで踊る時に、777ルール  サルサ=セックス  サルサを馬鹿にしてません? 
男女の見えない戦い  韓国人は踊り方が似ている 

永遠に続くサルサ界の男女の見えない戦い : サルサコラム

    男性と女性は、求めるところが異なる。そこで戦いは始まる。

    男性は技を求める。そもそもサルサの練習に一生懸命になれるのも
    目標とした技を完成したい気持ちが強いからだ。
    女性もムーブメントに憧れてサルサを始めることが多い。

    色んな技をやりたい、ムーブメントをして綺麗に見せたいと気持ちは
    分からなくはない。
    でも、そんな男性と女性に、ペアダンスではなく一人で踊るダンスをやればと、
    俺は言い返したい。
    サルサで一番大事なのは、二人を繋げるテンションであることを忘れないでほしい。

    実際に、ムーブメントばかりで踊る女性は男性に嫌われる。
    もちろん、男性も技ばかりの人は嫌われる。
    コングレスの海外ゲストダンサーで技ばかりの場合、
    踊れる女性は踊ってもらおうと思わない。
    手を痛めるし、相手の人に見せるダンスの披露の犠牲にしかならないからだ。

    でも、この戦いは永遠に終わることはない。
    原因の一つは、インストラクターの教え方の問題にある。
    どうしても、教えやすい技・ムーブメント中心になってしまう。
    テンションの使いは教えづらいし、
    テンションをちゃんと分かっていないインストラクターも多い。
    結局テンションのことは永遠に分からず、
    男性は技、女性はムーブメントを追及つづける。

    ※ 男性のリードを献身的に全部受けようとする女性も多い。
    リードが分かりづらかった時はフォローしなくていい。
    無理やりフォローすることによってテンションが切れてしまう。

    ※ ON2の上手い男性の技についていける実力になってないから、
    ON2イベントに行けないと言う女性は意外と多い。
    でも、本音はテンションの切れる技ばかりのリードがいやなだけだ。
永遠に続くサルサ界の男女の見えない戦い : サルサコラム
お問合せ : salsa.style.com@gmail.com