サイト内検索 
サルサが本当に好きな人のためのサルサダンス(ON2・ON1)情報サイト
  日本サルサ   韓国サルサ   海外サルサ   サルサ理解   サルサ活動   販売   HOME

 基本ステップ

 レッスン選び

 リードとフォロー

 手のグリップ

 他ダンスとサルサ

 サルサ服装

 サルサ常識

 サルサコラム

 サルサ分析

 東京サルサ

 ON2スタイル

 上達への知識

 ●全体目次
サルサ理解 > サルサ分析

ある女性の2年前と今のサルサを比較  Frankie Martinez スタイル  Adolfo Indacochea スタイル  Juan Matos スタイル 

ある女性の2年前と今のサルサを比較 : サルサ分析

    東京では、何年経っても上手くなる人が少ない。
    全くいないんじゃないとまで感じられる。
    なんで!上手くなるというのは、何なのか?

    ある女性の2年前と今の踊りを比較してみた。
    確かに上手くなったけど、どこかどんなに進化したのだろう?
    男性異なるけど、どちらも相当上手い。
    分からない人が見れば、2年前の方が動きが派手で上手いと思うかもしれない。

    2006年
    Dimas and Kisha


    2008年
    Social dance - Pablo and Keshia

1.リードされる時のムーブメントがおとなしくなってきた

    彼女は、2年前もムーブメントは全然上手い。
    ならどこが変わったのだろう?
    前は、男性のリードがかかってくるときに時にそれにあわせ体を
    後ろに引いてから前に進む癖があった。(他にも手を伸ばす癖なども見れる)
    フォームが大きく格好良く見えるかもしれないが、今風のサルサの格好よさと違う。
    それに男性の姿勢を崩し、テンションに乱れが生じるから、
    次の技のつながりに影響が出る。
    今の踊りはそんな悪い癖がなくて、全体的に流れがスムーズで格好いい。

2.相手のリードに対して、フォローが上手くなった。

    今の踊りの相手が変わった技の使う時にも、フォローが滑らか。
    無駄なムーブメントが無くなり、テンションを維持したフォローをしてるから相手のリードが感覚的にすぐすぐ分かる。
    シャインの時は、確かに前より派手で格好いいし、音楽ののりも良くなっている。

3.ターンがきれいになった。

    前は、男性にリードに受けないで、自分で回っている。
    男性が遅く回すからと思うかもしれないけど、
    女性がリードを受けないから速く回せなかったに違いない。
    でも、今は、確かにきれいでキレたターンをしている。
    体の中心の取れ方が上手くなったし、確りとリードうけてターンするから速度も速くなっている。

4.前は髪の毛を伸ばしたのに、今は束ねている。

    ターンする際に、髪の毛が男性の顔に当たるのは気持ち悪い。
    特に塗れた髪の毛が目に当たるとすごく痛い。
    今のは首のところに髪の毛を束ねている。
    でも、この状態だとターンする際に髪の毛は男性に当っても、高さが低いために男の顔には当らない。
    格好よく魅せるダンスをして、相手には迷惑かけない。一石二鳥。
ある女性の2年前と今のサルサを比較 : サルサ分析
お問合せ : salsa.style.com@gmail.com