サイト内検索 
サルサが本当に好きな人のためのサルサダンス(ON2・ON1)情報サイト
  日本サルサ   韓国サルサ   海外サルサ   サルサ理解   サルサ活動   販売   HOME

 基本ステップ

 レッスン選び

 リードとフォロー

 手のグリップ

 他ダンスとサルサ

 サルサ服装

 サルサ常識

 サルサコラム

 サルサ分析

 東京サルサ

 ON2スタイル

 上達への知識

 ●全体目次
サルサ理解 > ON2スタイル

ON2の流行が遅かった理由  ON2のテンションがいい理由  若い人が増えない東京のON2サルサ  変っていくON1サルサ  ON2 VS カリサルサ 

ON2サルサ(NYスタイル)がON1サルサ(LAスタイル)より流行が遅かった理由 : ON2スタイル

    ON2が女性にやさしくて楽しいという話はもう常識になっている。
    女性が楽しいというのは楽に動けることだし、
    というのは男性も無理のないリードが可能ということにもなる。
    でも、なんでON2は世界的に流行が遅かったのか?
    ON2の流行がおそくなった理由は、難しいからだ。
    ON2が流行るまでの背景をちょっと書いてみよう。

    サルサはもともと舞台で見せるための踊りではない。
    アメリカ・南アメリカなどで、ラテン系の人たちがサルサ音楽を
    聞きながら踊っていた踊りなのだ。そこにはシャインがあればペアーダンスもある。
    でも、サルサ音楽は他のダンスミュージックより難しいし、
    その音楽にあわせた踊りももちろん難しい。
    サルサ音楽になれていないラテン系ではない人に、すぐ踊れる訳がない。
    特に、サルサのシャインのダンスを観ると、一つの楽器の演奏みたいに感じれるくらい、
    他のダンスにはない難しいテンポの踏み方をしている。
    サルサのシャインを二つ観てみよう。



    Griselle Ponce (Japan Salsa Congrss 2010 に来日するダンサー)


    一つ目をみると、踊りが他の音楽の演奏に混じられた一つの楽器に見れるようでは?
    二つ目をみると、もっと楽器って感じがする。
    速いステップとタメが混ざり、ステップの間隔が0.5拍子だったり、1拍子だったり、1.5拍子だったり、2拍子だったりする。
    サルサのシャインは、音楽を理解しないと、いくらまねしようとしても踊れるようになることはない。

    音楽を理解すると更に上手くなれるのはペアーダンスでも同様。
    男性の一番理想的なリードは女性を動かしてから動くもので、女性より微妙に遅くテンポを取ることになる。
    サルサ界の1%未満の男性がそんなリードが出来る。
    だが、女性もテンションの利いたフォローをしないとその味を100%味わえることは出来ない。
    ちょっと変わったリードとしか思われないのが普通だ。

    これだけ難しいON2のサルサ。

    ON2がN.Y.のラテン系にすごく流行っても、なかなか他の地域に広がることがなかった。
    ラテン系じゃない人に先にうけたのはON1スタイル。
    米国の西部の人々が主にON1を踊るのがその証拠。
    ON1の人口は広がり、LAコングレスが開催された。
    ON1はサルサダンスとして世界中に広がるようになった。
    それが、LAスタイルだと言われている迫力のあるサルサだ。
    でも、ON1が流行り始めて何年も経たないうちに、まるで待ってましたといわんばかりに、
    N.Y.のON2ダンサがコングレスでパフォーマンスし始めた。

    チームでは Santo Rico (サントリコ)、Karisma(カリスマ)とかになるし、
    ダンサーでは、 Juan Matos(フアン・マトス)、 Frankie Martinez(フランキ・マティネズ)とかになる。
    それを観た世界のON1をマスタしたダンサが、今度はON2に嵌ることになる。

    でも、ON2の人口がON1の人口を超えることはまずない。
    ON2は難しいため、どうしても男性はON1をマスタしてからON2を始める。
    ON2の人口がサルサ全体の人口の20%未満が普通。

    いまでも、アメリカの西部はON1を主に楽しんでいる。
    日本・韓国ではON2を踊る人が結構増えたが、まだON2の味まで出る人は少ない。

    0.5拍子のテンポが取れない人にON2の征服はあり得ない。
    音楽が理解できて、0.5拍子のテンポが取れる感覚を身につけても、
    そのスピードでステップを踏めることはまだ別の話だ。
    速くて体重移動が伴うステップを可能にするための、
    一番のカギはステップする際に必ず骨盤を一緒に動かすことだ。
    これを理解している人は本当にすくない。
    だから、ON2の味がでるシャインが出来る人も少ない。

    ON2は確かに魅力があるが、ON2の征服の必須条件は、
    音楽の理解と骨盤の動きの理解だ。
ON2サルサ(NYスタイル)がON1サルサ(LAスタイル)より流行が遅かった理由 : ON2スタイル
お問合せ : salsa.style.com@gmail.com