サイト内検索 
サルサが本当に好きな人のためのサルサダンス(ON2・ON1)情報サイト
  日本サルサ   韓国サルサ   海外サルサ   サルサ理解   サルサ活動   販売   HOME

 基本ステップ

 レッスン選び

 リードとフォロー

 手のグリップ

 他ダンスとサルサ

 サルサ服装

 サルサ常識

 サルサコラム

 サルサ分析

 東京サルサ

 ON2スタイル

 上達への知識

 ●全体目次
サルサ理解 > ON2スタイル

ON2の流行が遅かった理由  ON2のテンションがいい理由  若い人が増えない東京のON2サルサ  変っていくON1サルサ  ON2 VS カリサルサ 

ON2サルサ(NYスタイル)のテンションがいい理由 : ON2スタイル

1.物理的な理由。

    ON2サルサの踊りがON1よりテンションがいいのは、人の実力の理由もあるけど、
    科学的な根拠もある。
    サルサのペアーダンスの動きは、
    主にターンと遠心力による反復運動(振り子のように)で構成されている。
    男性と女性がお互いに引っ張りあい、居場所を変える動きを繰返す反復運動。
    この反復運動を分析してみよう。
    重さを持つ物体の反復運動の理想的な例えとして、振り子の運動がある。
    振り子に例えた場合、ON1よりはON2方が振り子の運動の近いのだ。
    その原因は、ステップにある。
    ON2の場合は一番外側のステップが2(7)で、その前と後が1と3。
    1-2と2-3で、行きと戻りにかかる時間が同じく1テンポ。
    ON1の場合は一番外側のステップが1(5)で、その前と後が7と2。
    7-1と1-2で2テンポと1テンポで異なる。
    ON1は、このステップの時間差でどうしてもテンションが切れる。
    勿論ON2も2テンポが混ざっている。だが、それは同じ方向の動きの中に混ざっているから、
    テンションに影響はない。

2.ダンサーの音楽に対する理解能力によるテンションのコントロール

    ON2の人で、シャインもON2らしく踊れる人は、体の動きを0.5拍子まで細かくコントロールできる。
    これを、ペアーダンスにも応用できる。
    振り子は紐が長くなればなるほど、速度が遅くなる。
    人も同じで、身長と手の長さにより反復運動の速度は変わるはず。それに音楽の速さの影響もある。
    勿論、機会みたいに計算するわけではないけど、
    上手い人は、感覚的に音楽にあわせてテンションをコントロールする能力が高い。
    その能力が正に実力だし、その能力が高い男性が女性には評価される。
    簡単に一つ説明すると、速い曲では1テンポで動かした動きを、
    遅い曲ではタメを0.5テンポ入れてから0.5テンポで動かしたりする。
※ ON2が上手い人はON1を踊る時に、音楽のテンポとずらしたステップを踏んだりして テンションが切れないように心がけたリードをすることもある。

※参考動画 : Oliver Pineda & Josie Cote - Violin @ Latin Motion Dance Academy

ON2サルサ(NYスタイル)のテンションがいい理由 : ON2スタイル

お問合せ : salsa.style.com@gmail.com