サイト内検索 
サルサが本当に好きな人のためのサルサダンス(ON2・ON1)情報サイト
  日本サルサ   韓国サルサ   海外サルサ   サルサ理解   サルサ活動   販売   HOME

 基本ステップ

 レッスン選び

 リードとフォロー

 手のグリップ

 他ダンスとサルサ

 サルサ服装

 サルサ常識

 サルサコラム

 サルサ分析

 東京サルサ

 ON2スタイル

 上達への知識

 ●全体目次
サルサ理解 > レッスン選び

先ず明確な目的を持つ  レッスンの選び方(男性編)  レッスンの選び方(女性編)  インストラクタの問題点 
ON2が踊れないインストラクタ 

ON2が踊れないON1インストラクタ : レッスン選び

    これだけon2が定着しているのに、on2が踊れないインストラクタがいる。on1ダンスとon2ダンスは発生地がニューヨークで一緒だ。サルサ音楽の発生地がニューヨークだから当然だろう。最初にon1を作り出し、その改良版でon2を作り出した。その脈絡から考えると、on1が踊れるようになった人がon2を始めるのは自然なことでもある。でも、何でon2が踊れないon1インストラクタも結構いるし、on1を踊る人で経歴が永くてもon1だけやり続ける人が多いだろう。

1.サルサダンスの正しい認識が定着していない

    ただ、痩せたい、結婚活動をしたい、で最初から目的が不純な人が多い。それを上手く利用しているインストラクタもいる。もっとサルサ界を思う人は周りの人に気を配り、サルサの正しい認識を広めよう。
    サルサダンスを始める理由は何でもいいと思う。でもいい加減な楽しみに留まらず、サルサ音楽が好きになり、もっともっと上を目指してほしい。そうすると、体は健康になり、姿勢はよくなる。on2が上手い女性を観るをそれは明らかに分かる。

2.本来なら、on1インストラクタでも、on2でフリーダンスを踊るのが普通

    サルサで一番大きなイベントはサルサコングレス。サルサコングレスでフリーダンスで踊る海外ダンサーを観ると、on1のインストラクタも普通にon2を踊っている。
    世界のどの国もon2よりon1の人口が多い。on1はon2をマスターするための過程だからだろう。そのため、on1レッスンがメインのインストラクタは多い。

3.後々on2も習う予定があるなら、on2が踊れるインストラクタにon1を習おう

    昔のon1には、on2の踊りの知識と合わないところあり、それが身についてしまうとon2の修行に妨げになる。ひどい場合は一生癖がついてしまって、on2を踊ってもon1スタールになってしまう。
    on2が踊れるインストラクタは、on2の修行に悪影響を及ぼす知識は教えないだろう。
ON2が踊れないON1インストラクタ : レッスン選び
お問合せ : salsa.style.com@gmail.com