サルサ分析

Juan Matos のサルサダンススタイル : サルサ分析

シャインの天才、Juan Matos。彼が注目されて10年にたった今も、彼ほど格好いいシャイン踊れる人はまだいない。余裕ある動きに、速いし正確、シャインに関しては世界1。本当に踊りが好きでどこでもいつも踊っているそうだ。エレベーターを待つ間にもシャインを踊ったりする。 1.体が一つの楽器になっている。 サルサは、音楽のジャンル的にジャズに近い。踊りもその性格を持ち、ステップのテンポが細かく難しい。でも、それをきちんと守れば、他人と合わせることもできるし、それが完成すると本当にサルサらしい踊りに出来上がる。 Juan Matos と Frankie Martinez が一緒に踊った動画(動画1)を観ると何か合わないなあって感じがする。達人になると自分の世界を作るから合わないこともあるだろうと思うかもしれない。ここで、他のシャイン(動画2)を観てみよう。踊りが細かくても、ぴったり合わせた踊りになっている。 彼は、派手な動きながら、半拍子とりがすごく上手い。体全体が楽器になっているようだ。リズムが分かれば分かるほど、彼の音楽ののりの凄さが分かる。 2.音楽に合わせたリード。 彼は踊る時に結構回りを意識する。カメラが回されるともっともっと盛り上がってしまう。相手のことを忘れているのかって感じまでする。でも、音楽に合わせた踊りには感動してしまう。(動画3) 最近は、オリジナルのパターンが少ないことがちょっと気になったりする。 3.いつも新しいことに挑む姿勢 いつも新しいスタイルのパフォーマンスの挑戦を続けているのが、もう一つの彼の魅力。自分だけのスタイルを持ち続きながら、次々と異なるスタイルの舞台の演出には感心してしまう。ペアーだけではなく、男性同士のシャインなどは本当にサルサ界では貴重な作品。 ただ、サルサは音楽が難しいため、ただスタイルだけがよければいい女性には無理。そのためなのか、いいダンサー同士が組めるのはなかなか難しい。もっともっと進化した彼に期待している。

Adolfo Indacochea のサルサダンススタイル : サルサ分析

AdolfoがJessicaとペアを組んで世界的にブレイクしたのは、2006年。東京に来日した時にも、その影響力は凄かった。Adolfoは派手な技で知られているが、彼の評価は技だけではない。基礎にも充実しているし、音楽の理解度も高い。 ※ Jessica : Adolfoが2006年、世界的にブレイクした時のパートナ。Jessicaは若いし、実力も凄かった。個人的にAdolfoのパートナで、Jessicaが一番よかったとおもう。これからもJessicaくらいのパートナはなかなか見つからないだろう。JessicaはAdolfoと別れた後、Yamuleeにもしばらく所属していたが、今は活躍していないかも。 1.基礎が充実している この動画は、彼が自分のスタイルを売り出す前の時期のダンスだ。ターンも綺麗だし、姿勢もいい。本当に基礎がしっかりしていることが分かる。 2005年までは、彼は自分のスタイルは持っていなかった。基礎に充実する時間を意図的に長くしたかもしれない。ただ、フォームを大きくするところは、この時から見られた彼の才能の一つ。 2.Eddie Torres のスタイルをアップグレードさせて自分のスタイルを確立する。 Adolfoの複雑な連続技が続くパフォーマンスのスタイルは、元々 Eddie Torres のスタイルだった。Eddie Torres のパフォーマンスを改めて観ると、Adolfoが彼にスタイルを習ったことが分かる。元々派手に動くのが好きな Adolfo は 、Eddie Torres のスタイルを吸収して、更に進化させて自分のスタイルを作る。 彼のスタイルの特徴の一つは、安定した姿勢だ。フリーダンスでリードする時も必ず自分が中心になっている。Juan Matos、Frankie Martinez の場合は、相手が初心者の場合に、自分の居場所を移動して相手に合わせることもある。でも、Adolfoは相手が初心者の場合は、相手が付いて来れる簡単な技を使う。自分の居場所を移動することは殆んどない。 3.派手だけど、使える技 卓球選手だったからかもしれないけど、彼のスタイルの特徴は、姿勢の安定さと速い手の動きだ。 世界中のトップダンサーが彼の技に夢中になる理由は、彼の技は難しいけど、使える技であるからだ。その証拠で、彼は初めて踊る女性にも、彼の難しい技をこなせるのだ。 勿論、普通の人か彼の技をマストするのは無理がある。 4.音楽に合わせた踊りをする ラテン人のサルサダンサーが他の国にダンサーより、明らかに優位に立つのはサルサ音楽の理解だ。Adolfo も相当の音楽好きらしいだし、彼の踊りを観てもそれは分かる。Adolfo のフリーダンスを観る時に、技ばかり注目しないで、彼がどれだけ音楽の流れに合わせた踊りをするかを観てほしい。

Frankie Martinez のサルサダンススタイル : サルサ分析

Frankieは他のサルサダンサーと次元が違うと特別に思う人は結構いる。2003年 West Coast Salsa Congress (Los Angeles)のあの有名なシャインパフォーマンスの影響も大きかっただろう。 足の動きの速さとターンの早さは、当時サルサ界の衝撃だった。下の部分が切れたズボンは、足の動きを更に派手に見せかけた。本当に素晴らしいパフォーマンスだった。 Frankieの世界のサルサ界への影響は大きかった。白色のシューズが流行ったし、Frankieのスタイルを真似する男性も急増した。Frankieは、フリーダンスでも評判は高い。踊る時に相手を見る視線は熱いし、挌闘技を思わせる速いターン。でも、リードは優しい。彼の踊りの特徴を俺なりに分析してみた。 1.ターンが速い。 綺麗なターンというより、キレがある速いターン。この速いターンの秘密は、安定したとステップと中心の取れた姿勢。速く回るために上半身を無駄大きく動く人もいる。でも、彼のターンを見ると如何に中心が取れた安定したターンをしているかが分かる。安定した速いターンを可能にするキーは勿論安定したステップ。 ※Frankieの足をツイストダンスのようにねじる人も多い。Frankieになりたい気持ちは分かるが、こんな人でステップでは何年経っても安定したステップはできない。Frankieの場合は、完璧に体重移動ができるステップができた上で、観る人を楽しませるためにそんな小技も披露する。でも、まだ完成できていない人がそんな目に見えるものだけ真似をすると一生上手くならない 2.女性をマルティターンをさせない。 Frankieは相手をマルティターンをさせることがほぼない。なのにそれ以上に女性忙しく動かしているし、自分も活発に動いている。実は、Frankieが相手をマルティターンさせないのは彼のプライドかもしれない。特にサルサ界では、トップダンサーになるとプライドが高いため、人の技を使わない傾向も意外とある。 3.相手の手を投げる技はしない。 手を投げる技は、技にもよるが女性が相当フォローがいい人でない限り、上手い男性が欠けても失敗することが多い。大体は女性が技を読み、動くのが普通だ。でも、こんな展開になると踊りに流れは止まる。音楽とテンションにのっていた女性の動きが、一瞬技を読むことでどうしても踊りに乱れが生じてしまう。 4.女性との間隔が広い。 女性と間隔が広ければ広いほど、女性は楽に踊れる。でも、離れすぎると手が届かなくなってしまう。手が届く範囲で如何に幅を広く取るか?要するに、相手とも距離を測る能力が鍵となる。Frankieは挌闘技の経験もあると聞いたことがあるが、その経験が生かされたかも知れない。Frankieは、相手との間隔を広く取ることで、女性も楽に踊れるし、自分も派手に踊ることができる。 ※格闘技をやっている人の相手の距離を測る能力が高い。打ち合いしているので、お互いに手の届かない距離を保ち、攻撃する際にだけ瞬間的に近づき相手を打つ。 5.相手への優しさ Frankieの特徴の一つは、サビの時の派手なシャインだ。でも、彼はシャインする時も相手のことを忘れない。観ている人たちを全く意識しなくはないと思うけど、彼はシャインする時にも視線はかならず相手に向かっている。それは、いたずらの気持ちかも知れないし、関心の気持ちかもしれない。大事なのは「俺も君と踊っているんだよ」強く感じさせる踊りをしていることだ。